(位置)中津市は別府市由布院がある大分県の北西の一番端っこにあります。また、中津市は福岡県との県境にありますので買い物や仕事で福岡市北九州市に行く人も多くいます。
テレビは主に福岡の放送を見ています。

(名物)鱧料理が有名で中津駅でも鱧が水槽で泳いでいます(^_^;)また、最近は鳥のから揚げがテレビで放映されてから有名になり、市内のあちこちに鳥のからあげ屋さんがあります。毎年からフェスというものがあって市内のからあげ店が一ヶ所に集まってイベントをしています。

(産業) 中津市は古くから商業の街で福岡県側や宇佐市など市外から中津市に買い物に来る方が多くいます。最近はダイハツ九州さんが群馬県から中津市に工場を移転した為、自動車関連の工場が増えました。 郊外にはお店や単身用アパートがたくさん出来ました。

(エリア)中津市は北から中津地域三光地域本耶馬溪地域耶馬溪地域山国地域の5つの地域に大きく分けられます。当社の賃貸の営業エリアは中津地域と三光地域にあるイオンモール三光付近までです。それ以上南側は賃貸物件は殆どないので営業エリア外です。山国地域は日田市との境にあります。




当社では中津地域を北部・南部・豊田・沖代・小楠・鶴居・如水・大幡・和田・今津・三保の11の地区に分けています。これは基本的に小学校の名称と同じですが、校区とは一致していないところもありますので必ず中津市役所で小学校の校区を確認して下さい。


○ 北部地区は、JR中津駅北口から海の方角で、福沢諭吉の旧居があり、観光のコースとなっています。7月に行われる中津祇園では闇無浜神社で行われている方が下祇園と言いわれています。
海側には積水ハウス系のアパート等比較的築浅の物件が多くあります。

○ 南部地区は、JR中津駅北口から北西の方角で、中津城や裁判所、小倉記念図書館があり、比較的古い建物が多くあります。観光のコースにもなっており、7月に行わる中津祇園では中津神社で行わる方が上祇園と言われています。また、花火大会が中津祇園を盛り上げ小祝グラウンドが花火大会のメイン会場となっています。春はお城の近くの二の丸公園が花見会場ととなります。小祝には漁港もあります。

○ 豊田地区は、JR中津駅の周辺です。駅周辺は分譲マンションや賃貸の10階前後のマンションが多くあり家賃も比較的高く、駅から離れるに従ってアパートが多くなり、最近は少し家賃を下げているところもありますが、家賃は高めです。宮永地区は道が狭く古い家が多くあります。

○ 沖代地区は、住宅が多く、3階建て以上の建物は少なく2階建て迄の建物が主です。数年前は沖代に住みたいという方が多くいましたが、最近は新築が少ないため、人気は少し下がり気味です。家賃は豊田地区の次に高いですが、新築が建つと人気があります。売買では人気のエリアです。

○ 小楠地区は、産業道路側は中津工科短期大学やユニクロ、ヤマダ電機、ナフコ、ABC MART、新鮮市場やコンビニなどが出来て道路も広くなり、少しずつ人気のエリアになりつつあります。また、国道213号線沿いはベスト電器、ミスターマックス、ヒマラヤ、モスバーガー、トライアル、中津市民病院や川嶌整形外科病院があります。12月は大新田のイルミネーションがとても綺麗です。

○ 鶴居地区は、スーパー細川、コスモス薬局、スーパーD&D、セブンイレブンがあり、三光地域と境なのでイオンモール三光も買い物には便利です。賃貸では豊田、沖代と同様に人気のある場所です。八幡鶴市神社のお祭りは歴史が古く約860年の歴史があります。

○ 如水地区は、TOTOの工場があり、ちょうど中津地区の真ん中あたりの位置です。比較的家賃はお手頃価格でおススメ物件も多くあります。TOTOの近くのマルショクの周辺にはローソンや薬局、からあげ店、クリーニング店、酒屋さん、コインランドリーがあります。

○ 大幡地区は、公園が多く春は桜がとてもきれいな場所です。春は大貞公園で花見を楽しみにしている人がたくさんいます。大分国体のあったダイハツアリーナもあり、薦神社の神門は国指定重要文化財になっています。

○ 和田地区は、JR東中津駅の北側から海までがエリアです。現在ダイハツ九州との間の道路が工事がされており、中津港入口の田尻の交差点にローソンが出来て便利になりました。家賃が比較的安くおススメの物件があります。

○ 今津地区は、JR今津駅の周辺になります。ダイハツ九州があります。大東建託さんのアパートが多く出来ており、少しずつアパートも増えてきています。

○ 三保地区は、田んぼが多い場所ですが現在中津日田間の道路を工事中です。賃貸は他のエリアより家賃は安く、設備が充実したお部屋があります。

(人口と世帯数)平成22年10月15日統計の人口は85,759人、世帯数は36,643世帯です。(中津市ホームページより)